1/21放送のNHKスペシャル「“グーグル革命”の衝撃」を興味深く見た。

グーグルの職場紹介、グーグルで生計を立てている人、グーグル検索の上位に載ることを目指す企業の人達、急にグーグルに載らなくなり裁判を起こした人などそれぞれの人間模様がある。

グーグルの検索上位にあがるための企業セミナーなどがあり、そこでの言葉「検索の10位以内に入らないとあなたの会社は存在しないも同じなのです」は衝撃的だが的確な言葉かもしれない。

今や何かを調べる時、お店や医者を探す時、必ず検索を行う。そうなったのもここ数年のことのはずだが、それ以前のインターネットがなかった頃は一体調べ物はどうやっていたか分からなくなるほどだ。

街中に無線のアンテナを立て、位置情報とその人の好みから近くにあるお勧めのお店を表示するようなサービスも実験されているとか。我々が情報を与えればそれに見合った情報を返してくれる。便利でもあり怖いようでもあり。

あらゆる情報は検索の向こう側に見つけることができる。googleの中に世界は入らないが、googleを通して世界を見る事が今後もより広まっていく事だろう。ライフスタイル、ビジネスモデル、あらゆるものを変革していくgoogleには今後も注目だ。

、、、とはいえ、会社での課題、ストレス解消法、人間関係の悩み、本当に効果のあるダイエット方法、自分の生きがいとは、人間は何のために生まれたか、、、本当に知りたいものはなかなか簡単には手に入らない。人生とは難しいもので。