風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー
ブログでも何回かとりあげた『男前豆腐店』。なんと今度は本を出した。先週、有楽町の本屋に行ったところ、大々的に売り出されていたのだ。(8/10に発売されたらしい)

早速買ってきて、一気に読んでしまった。

個性的な商品達の製作秘話や、男前豆腐店社長となった著者の伊藤信吾の豆腐にかける情熱、ものづくりに対する信念が伝わってきて非常に興味深かった。自分は経営者でなくいつまでもものをつくる人間なのだということにこだわり、妥協をゆるさない商品開発、それでいて製品を売り出すプロモーションの部分にも非凡な才能を発揮しているところがすごい。「格好悪いのが格好いい」「世界観を売る」という信念を貫き通す姿勢があるからこそだろう。

豆腐という地味な業界に起こった革命。他の業界にもまだまだおもしろいムーブメントが起こる可能性がありそうだ。

本を読んでいたら豆腐が食べたくなってきた。と、近くのスーパーに行ったところなんとジョニーを売るようになっているではないか。迷わず買って食べた。

今まで書いた男前豆腐店関係の記事:
風に吹かれて豆腐屋ジョニー (2005/11/20)
男前豆腐店 (2006/02/05)
「男前豆腐店」を書類送検 (2006/07/08)

ジョニ本ジョニー