◆付゛録゛◆

街で見かけたものたべもののこと、なるほどねーと思うことなどをつらつらと書いています。
コメント、トラックバック、リンク、お待ちしています。姉妹サイト、 『てのひらblog★』 もよろしく。

男前豆腐店

ジョニ本

風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー
ブログでも何回かとりあげた『男前豆腐店』。なんと今度は本を出した。先週、有楽町の本屋に行ったところ、大々的に売り出されていたのだ。(8/10に発売されたらしい)

早速買ってきて、一気に読んでしまった。

個性的な商品達の製作秘話や、男前豆腐店社長となった著者の伊藤信吾の豆腐にかける情熱、ものづくりに対する信念が伝わってきて非常に興味深かった。自分は経営者でなくいつまでもものをつくる人間なのだということにこだわり、妥協をゆるさない商品開発、それでいて製品を売り出すプロモーションの部分にも非凡な才能を発揮しているところがすごい。「格好悪いのが格好いい」「世界観を売る」という信念を貫き通す姿勢があるからこそだろう。

豆腐という地味な業界に起こった革命。他の業界にもまだまだおもしろいムーブメントが起こる可能性がありそうだ。

本を読んでいたら豆腐が食べたくなってきた。と、近くのスーパーに行ったところなんとジョニーを売るようになっているではないか。迷わず買って食べた。

今まで書いた男前豆腐店関係の記事:
風に吹かれて豆腐屋ジョニー (2005/11/20)
男前豆腐店 (2006/02/05)
「男前豆腐店」を書類送検 (2006/07/08)

ジョニ本ジョニー

「男前豆腐店」を書類送検

男前豆腐店』という豆腐屋さんについてこのブログでも2度ほど記事を書いた。

 ・男前豆腐店 (2006/02/05)
 ・風に吹かれて豆腐屋ジョニー (2005/11/20)

この豆腐屋さんについてこんなニュースがあった。

大豆殻燃やした疑いで、「男前豆腐店」を書類送検 京都 (asahi.com 2006/07/06)
 豆腐製造会社「男前豆腐店」(京都府南丹市、伊藤信吾社長)が敷地内で産業廃棄物である大豆殻を燃やしたとして、南丹署は6日、同社と工場長(53)、従業員(57)を廃棄物処理法違反(焼却禁止)容疑で京都地検園部支部に書類送検した。同社は「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」などユニークな商品名で知られる。

 調べによると、工場長らは3月31日、同社敷地内で産業廃棄物の大豆殻約125キログラムを焼却した疑い。同社は「これまでは業者に委託して処理してきたが、当日は不注意で焼却してしまった」としている。


人気のあった豆腐屋さんだけに残念だ。ただ、食品関係のニュースとはいえ食品自体の品質の問題ではない。大豆殻を燃やしたことがそんなに悪い事なのか?人気を嫉んでリークされたか?という気がしなくもないが、法令遵守は今の企業に課せられた大きな課題なので仕方がないか。

otokomae最初にニュースを見た時にHP上を見に行ったら、いきなり例のガクランを着た男前のキャラクターが
「申し訳ありやせんでした!」
という声と謝る絵が出てくるという、いつものファンキーなノリそのままだったので、こりゃすごいと思ったのだが、さすがに苦情がきたのか今では

『今回の事件はすべて私の監督不行き届きであり、
事の重大さを真摯に受け止め、深く反省しお詫び
申し上げます。』


という社長名のメッセージに変わっている。What's NEW のようなコーナーの文面ももう少しくだけたものだったのだが修正されていた。

ところで今回のニュースは知らなかったのだが、このブログのアクセス解析を見てみると”男前豆腐店 書類送検” ”豆腐屋ジョニー 逮捕”などのキーワードで訪れてくる人が多いため、気になって調べてみて初めて知ったのだ。ブログをやっているとこんなこともあるのだと、ちょっと感慨だった。
Archives
Categories