江ノ島

以前「向かいのホームからどこまでいこう」という記事を書いた。夏休みにわざわざ通勤ラッシュの時間に合わせて、ガラガラの反対向きの電車に乗ってぶらり旅へ行こうという趣向だ。横浜から江ノ島へ向かう事を決めたところまで書いた。その続き。

途中で買ったガイドブックを見てみると、モノレールや江ノ電も合わせた「鎌倉・江ノ島フリーきっぷ」があったのでそれを買ってみる。それを使って大船からモノレールに乗る。モノレールで街や山などをぬけると普段とは違った景色が見られて面白い。

江ノ島に着き橋で島へ渡る。とても天気のいい日で汗はダラダラ。日焼けもかなりしそうだ。江ノ島については何も知らなかったが、ガイドブックで観光ルートだけはチェックした。とりあえずお決まりのルートを歩いてみる。

島内は坂が多いため有料のエスカレーターが設置されている。その名も「エスカー」。使わなかったけど。

展望台があるので昇ってみた。360度見渡せる。なかなかいい景色。この近くで昼飯を食べる。しらすが名物らしく、しらす丼を出す店が多い。しらすの入ったピラフを食べてみた。

その後も島内を歩く。神社、恋人達がフェンスに鍵をかけていく龍恋(リュウレン)の鐘、激しく波が打ち付ける稚児ヶ淵、自然が作り上げた洞窟の岩屋など、起伏に富んだ地形も合わさって見所が多い。島がひとつの観光テーマパークになっているようだ。平日だったが訪れている人も大勢いる。

島を離れた後は江ノ電に乗る。さすが数々の映画などに登場するだけあってなかなか趣のある電車だ。途中鎌倉の大仏や長谷観音を見たり、七里ヶ浜を眺めたり。大仏は胴内に入ることができた。

ということで、突然決めた割にはなかなか楽しめる旅となった。とにかく日差しの強い日で、その時の日焼けの跡がまだうっすら残っている。

いつものようにウェブアルバムを作ったのでよろしければ。
20070822 江ノ島
http://www.imagegateway.net/a?i=oCvnYXV3r4