◆付゛録゛◆

街で見かけたものたべもののこと、なるほどねーと思うことなどをつらつらと書いています。
コメント、トラックバック、リンク、お待ちしています。姉妹サイト、 『てのひらblog★』 もよろしく。

ある日の出来事

中国に行ってきた その7

04a6218f.jpg大連はなかなか大きな街だが、工事中の高いビルが多いのも印象的だった。

空港着陸前、空からもたくさんの工事現場が見えたし、空港から街中への道路も拡張工事中。その道沿いにも多くの建設中の建物。

日本とはちょっと違う形状のクレーンが使われている。

まだまだ発展する勢いが感じられた。

中国に行ってきた その6

f025d47d.jpg食べ物の話が続く。2日目の夜は大連駅近くのデパートに入っている中華。

四川風で結構日本でよくあるタイプの味付けだ。春雨サラダ、麻婆豆腐、餃子、アサリとキノコの炒め物、チャーハンなどをいただく。

麻婆豆腐と炒め物がかなり辛かった。左手前の皿の料理は赤唐辛子の量がハンパじゃなかった。現地の人もいつもより辛いと言っていた。手厚い歓迎だろうか。

そういえばビールはデフォルトでは常温で提供される。なので日本人はわざわざ「冷たいビール」と頼むそうな。

中国に行ってきた その5

c0d89df6.jpg食事は大体現地に慣れた人と一緒だったのだが、1回昼飯を自分達だけで食べねばならない時があった。

近くにお店がほとんどないし、時間もないので、こんなときは世界のマック。

売り出し中らしいチキンバーガーのセットがレジに貼り出されていたのでそれを頼む。これで15元。結構辛い味付けだった。

学生が多い地域で、空席を探すのに一苦労した。

中国に行ってきた その4

7c7a50f7.jpg1日目の夕食は現地にいる人に火鍋のお店に連れていってもらった。出張者にはかなり評判がいいと聞いて楽しみにしていた。

火鍋は、写真のような鍋にスープが入っており、これに肉や野菜を入れて食べる、しゃぶしゃぶのような食べ物なのだが、このお店はメインの具がキノコなのだ。

これがまた日本では見たこともないようなキノコばっかり並んでいる。知っている人が勧めてくれたのでなかったら手が伸びないところだ。

見た目に反してどれも旨い。タレも何種類も用意されており、いろいろ組み合わせて食べてみたりと楽しめる。

キノコや野菜をくぐらせたスープが最後にはまた深い味になっており、水筒に入れて持って帰りたいくらいだった。

これは日本ではなかなか食べられない料理。いい経験をした。

中国に行ってきた その3

8f2b7f66.jpg大連で驚いたのは車の運転の荒さ。中国では人も車も並ばない、というのは聞いていたが、これほどとは。

ホテルの部屋にいてもクラクションの音が絶えず聞こえてくる。

タクシーに何度か乗ったが、まあ正直怖かった。そんなに急がなくていいのにガンガン抜きにかかる。ちょっとなにかあればクラクション、パッシングをやりまくる。

シートベルトを締めようとしたら制止されたりも。

歩行者も平気で何車線もある道路を悠然と渡る。決して小走りになったりしないのがすごいところだ。

これでよく事故が起きないなーと思っていたが、聞いてみるとやっぱり結構起きているらしい。

中国に行ってきた その2

79b6f304.jpg海外自体が久しぶり。仕事なのでPC始め、会社の携帯やデジカメなどを持って行くが、充電出来ないとしょうがない。

コンセントの変換をしないと、と調べてみるとC型というのにすればいいようだ。

ということで変換器具をいくつか持って行ったのだが、なんのことはない、日本のままでも挿せるようになっていた。ただし220Vなのでその点は注意が必要。

中国に行ってきた その1

041cab50.jpg先週のことだが、初の海外出張に行ってきた。初めての地、中国。仕事なので、写真などは少ないが、ちょこちょこブログにアップしてみようと思う。

最初に行ったのは大連。写真はホテルロビーからの風景。このホテルは日本人が多く来るためか、フロントの対応はいい。空港からホテルまでガイドさんのいる送迎付きなのでここまでは順調。

沖縄プロレス

BlogPaint先日NAHAマラソンで沖縄を訪れたとき。
せっかくなので何か面白いものを見ていこうと、『沖縄プロレス』を見てきた。みちのくプロレスや大阪プロレスのように地域密着系のプロレスで、スペル・デルフィン社長が去年立ち上げた。

国際通りにあるビルの5階に会場があるというのがすごい。週1回の休みを除いてほぼ毎日試合をしているというのもまたすごい。

ビルの前へ行くと、マスクマンが呼び込みをしている。レフェリーやリングアナなどもみんなマスクマンなのだ。

会場はパイプ椅子が100くらい並ぶこぢんまりしたもの。どこに座っても臨場感を味わえる。

試合前に三線を使って沖縄民謡を歌ってくれたりするのも一興。

出場選手はみんなご当地キャラクターになっている。この日は以下の3試合。

・シングルマッチ アグー 対 キジムナー
・3ウェイマッチ ゴーヤーマスク 対 ゴールデンパイン 対 スペル デルフィン
・タッグマッチ エイサー8 ミルマングース 対 シーサー王 怪人ハブ男

メインでハブ対マングースの戦いが見られるところが面白い。

楽しい掛け合いあり、激しい戦いあり。プロレスの面白さが凝縮されている。会場も盛り上がり、存分に楽しめた。試合後、観客全員と握手をしに会場を回ってくれたり、選手全員と記念撮影をしてくれたり。お客さんを大事にしている姿勢が伺える。

その時の写真がこれ。いい記念になった。

沖縄プロレス公式サイト
http://okinawa-prowres.jp/

100_2938#2_1

ウェンディーズに行ってみた

0606587a.jpg今年いっぱいで日本から撤退するとの話のウェンディーズ。

数えるほどしか食べたことはないが、最後の機会ということで食べてみた。

ウェンディーズバーガーセットとミネストローネ。

ポテトにひき肉が乗っていて、更にチーズがかかっているものが特徴ではあるが、さすがにもたれそうなのでやめておいた。

なくなるとなると、途端に寂しくなるものだ。

大道芸ワールドカップin静岡2009に行ってきた

2a617f98.jpg今年も大道芸ワールドカップIn静岡に行ってきた。土日に行ったが、11/3まで開催されている。

土曜日の夜、メイン会場の駿府公園からみたが、そんなに混み合っておらず落ち着いて見ることができた。

昨年特別賞のル・テニスに始まり、モノジャグリングショータック、ゴールデンタイムなど。

天気もよくて月が綺麗だった。暖かかったのも印象的だ。何年も前は真冬の格好していったものだが、最近は暖かい。

静岡おでんと富士宮焼きそばも食べて満足。
日曜日は常盤公園から。ここのスポットは広々していてゆっくり見られるのでいい。昨日に続いてゴールデンタイム、一昨年優勝のニーニョ、韓国からのちゃんへんの3組を見た。

街の方に伊勢丹で買い物。なんか毎年この時期北海道物産展をやっている気がする。すごい混み様だった。

その後何組か見ていると、雨も降ってきたので切り上げて東京へ帰った。

例年のように個別のアーティストについても記事を書いてみたい。

写真は毎年お馴染みのタカパーチさん。
Archives
Categories