◆付゛録゛◆

街で見かけたものたべもののこと、なるほどねーと思うことなどをつらつらと書いています。
コメント、トラックバック、リンク、お待ちしています。姉妹サイト、 『てのひらblog★』 もよろしく。

製品・サービス

Twitter1周年

Twitterを初めて丁度1年になる。おかげでBlogを書くのがすっかり減ってしまった。

去年のくれ辺りからかなり日本でも流行となり、今更ではあるがいろいろと思うところを。

最初は何をつぶやいたらよいのかわからなかった。Blogと何が違うのか?自分の中でも違いがはっきりしなかった。

一番の違いは、Blogがよく「日記型サイト」などと言われるように「今日何した」を書くのに対して、Twitterは「なう」という言葉に象徴されるように「今何してる」を書くものという点だ。この点はやはりiPhoneとの組み合わせにより強調されていったと思う。

Blogと違ってタイトルやカテゴリを入れる必要が無い、そんなのたいした違いじゃないと思っていたが、これが使いこんでいくと明らかな違いとなってくる。

既存のブログやチャット、掲示板などでも、同じようなことはできる。でも「同じようなこと」と「同じこと」の間に大きな差があった、というところか。機能的に決定的に新しい訳ではない。知らない人にTwitterの魅力を説明するのがなかなか難しいのもこの辺にある。

政治家、タレントなど多くの有名人が参加していて、その人達の素の言葉が聞けるのも面白さのひとつだ。意外な人同士が会話してたりしていて、この「人の会話がのぞける」というところも興味深いところ。

ブログや掲示板はこちらから見に行く感じだが、Twitterは面白いことがどんどん自分に入ってくる感じ。使い方次第でいろんな情報を仕入れることができる。家に帰ったらテレビをつける、PCを開いたらメールを見る、と同じ様に、iPhoneをつけたらTwitterを見るという人は今やかなりの数いるのではないか。

複数のアカウントを使っているが、1年間での合計ツイート数は約1500。これからは、どんなことをつぶやいていこうか。

カップメン

3f5bc71a.jpg文房具屋などで最近見かけるもの。

カップヌードルにお湯を入れた後に蓋を押さえておくための人形だ。

必死でおさえている(落ちそうになっている?)姿がかわいらしい。

「Cupmen」というネーミングもなかなかだ。温まると色が変わるらしい。

800円はちょっと高いかな?


h concept Cupmenカップメン グリーン D-520-GR
h concept Cupmenカップメン グリーン D-520-GR
クチコミを見る

A5ノート

8339db8a.jpg会社で使うノートは『ニーモシネ』というシリーズのA5版と決めてから4年あまり。13冊ほどこれを使い続けている。

以前の記事
『ニーモシネ』:
http://hidemi.livedoor.biz/archives/50213037.html

これとは別で、勉強をするときなどのためにもうちょっと薄目で書きなぐれるようなノートが欲しくなる時がある。そういった用途に愛用しているノートが写真のものだ。ふらっと入った高田馬場の文房具屋で見つけたもので、他のお店ではあまり売っていない。同じものが欲しくなって再度はるばる高田馬場まで行ってしまうほどだ。

薄い方眼が入っていて、自由に書き込むのに都合がいい。程よい厚さで、中心での糸綴じになっているので開いた感じもいい。

で、今回また欲しくなって改めてメーカーなど調べてみた。

etranger di costarica (エトランジェ ディ コスタリカ)という聞き慣れない会社の製品。主に手帳やカレンダーを自社で開発・製造しているほか、近年では輸入ブランドの代理店業務なども行っているようだ。

どの製品もシンプルなデザインだが、素材やカラーにこだわりが見られる。使いやすさも重視されている。カタログを見ていても楽しい。

東京を中心に直営店も多くあり、またAmazonでも購入できる。今回ちょっと多めにAmazonで注文することにした。

このノートに書いて勉強した資格試験は合格するというゲンかつぎも継続中。

etrangerdicostarica BASIS A5ノートセクション NB-23-02
etrangerdicostarica BASIS A5ノートセクション NB-23-02

合格祈願食品

60cd4258.jpg
センター試験も行われ、受験シーズン真っ只中。

今年もコンビニ等では合格祈願お菓子が並んでいる。「キットカット(きっと勝つ)」に始まり、「うカール」「Toppa(突破)」などお馴染みの商品が並ぶ。

今年見かけたのは写真のカップラーメン『エースコックわかめラーメン』

『英・数・国がわかる』にかけている。

受験生の夜食にいいかも。

ブログの統合

この「◆付゛録゛◆」というブログ、元々はMy Profileというブログサービスを利用していた。始めたのが2004年1月12日。まだブログという言葉がそんなにメジャーになっていなかった頃。かれこれ6年が経つ。長いこと続けてきたものだ。

My Profileというサービスは、元々、日記がかけるサイトだったようで、そこにブログの機能が足された。私が登録したころは「日記」と「ブログ」と別々のサービスになっていたのだ。

その後、「日記」と「ブログ」の使い分けが難しいとの意見もあり、サービスが統合されることになる。2004年5月のことだ。段々とブログを作れるサイトも多くり、ニュースなどに対しての自分の意見などを書き込んだり議論したり、という元々の趣旨よりは日本では日記サイトとして普及していく。(この流れでアメブロの隆盛、Twitterの普及などにつながっているように思う)

My Profileもドリコムブログと名前が変わる。私も2004年の6月からこちらのlivedoorへサイトを移す。いろいろ機能的に充実していたのが魅力に思えたからだ。(全然使いこなせていないが)

で、その以前使っていたドリコムブログなのだが、3月いっぱいでlivedoorに事業譲渡されるとのこと。なんとも奇遇な話だ。

livedoorで書くようになってからも、ドリコムブログで書いていた記事はずっと残していた。なかなかすっきりデータ移行する方法がなかったからなのだが、今回の譲渡でそれがいとも簡単にできるようになっていたのは感慨深いものがある。実に2クリックくらいで済んでしまった。

ということで、このブログに2004年6月以前の記事が既に足されている。

ざっと昔かいた記事を眺めてみたが、なんともくだらないことを書いていたり、いまいち意図がわからない文章があったり。文章のスタイルも試行錯誤している跡がうかがえて面白い。

Google日本語入力がすごい

「Google日本語入力」のベータ版が公開されたので、早速使ってみた。

これがなかなかにすごい。

3、4文字ほど打つと予測していくつかの変換候補を出すようになる。
最近の携帯電話の変換などはこれに近い方式になっていて、これに慣れているといざPCになった時に全文字を打つのが面倒だったりするのだが、それがなくなる。

当然学習していくので、「に」と打ったらもう先程の「日本語入力」という候補が出るようになっている。予測された候補はTabキーで選択ができる。この辺の操作感もスムーズ。

Googleのことなので、候補とする情報もネット上の膨大な情報から集めて自動生成などしているのであろう。いろいろ試してみると、

「はるは」と打つと「春はあけぼの」
「それで」と打つと「それでもボクはやってない」
「さざん」と打つと「サザンスカイタワーレジデンス」
「せかい」と打つと「世界の中心で愛をさけぶ」
「だうんた」と打つと「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」
などなど。

新語や有名人の名前などを出すのには便利。
慣れると今までよりかなり速く打てるようになるのでは。

先程情報の収集のことを書いたが、単純に検索キーワードだけでなく、その読み、かなで何と打ったかの情報が必要となるわけだが、それはどうやって収集しているのか。設定画面を見ると、統計情報をGoogleへ送るかどうかのチェックボックスがある。それ以外にPCから抜かれたりしていないか?といった不安も若干残ったり。

情報を抜いた後も、構文解析をしたりデータのクリーニングは必要になるだろうから、それなりの手間はかかるのではと、まあ、推測だけど。

当然、予測変換無しでも使うことはできる。この記事を書いている範囲では、変換時のストレスは全然ない。しばらくこれを使ってみることにしいたい。

グーグル日本語入力
http://www.google.com/intl/ja/ime/

クルトガ

5e1bfe0f.jpg便利な文房具というと『カドケシ』と並んで名前が挙がると思われるのが『クルトガ』。

芯が一定感覚で回って、常に尖った状態で使えるシャープペンだ。

最近では何か書くのはもっぱらボールペンで、資格試験でもないとシャープペンを使わなくなってしまった。たまには使ってみるかとクルトガを買ってはみたものの、まだあまり使えていない。

少しばかり使ってみたが、今までの癖でクルッ、クルッと自分の指で回してしまう。

クルトガの回転と息を合わせるのに今しばらく時間がかかりそうだ。

ダイソンの扇風機

fanLargeFaceOnダイソンといえば吸引力の衰えない掃除機。

だったのだが、ダイソンという名が掃除機でなく扇風機の代名詞になりそうだ。

その新たに開発された扇風機とは、なんと羽根のない扇風機。普通の扇風機くらいの大きさのリング状の土台があるだけ。土台から吸い込んだ空気をリング状の部分から15倍の勢いで吹き出させることによって風が出る、というのだが、実際にみてみないことにはよくわからない。

羽根がないので安全だし、掃除もしやすいという、いいことだらけなのだ。これは掃除機以上の家電革命。ダイソンはすごい。

惜しいのは、これが発表されたのが日本の暑い時期が終わった後というところか。

GIGAZINE「羽根のないダイソン製の新型扇風機「Dyson Air Multiplier」、一体どういう仕組みなのかがよくわかるムービーいろいろ」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091014_dyson_air_multiplier/

ダイソン公式サイト
http://www.dyson.com/fans/default.asp

ほぼ日手帳2010

ac707060.jpg先週、来年の『ほぼ日手帳』が届いた。この手帳を使い始めてもう4年目になる。

今でも毎日何かは書くようにしている。体重や食べたものは必ず書く。後日書くこともあるのだが、何を食べたかをなかなか思い出せない時もある。その日のスケジュールなどを追っていくと突然思い出したりする過程が面白い。


今回のカバーはファブリックカバーのシルキーデニムというものにしてみた。ジーンズのような風合いで手にも馴染む感じ。汚れが気になりそうなので、扱いには気をつけないといけないかもしれない。

来年はどんな事をこれに書き込むことになるやら。

ぜーんぶ268

f1ab7089.jpg最近見かけるのが、食べ物、飲み物がすべて300円弱で提供しますよという居酒屋。

家の近くにも「うちくる」というお店ができた。すべて268円。税込みで282円。焼鳥と石焼き料理が主なものらしい。

入っていないので味やボリュームの程がわからないが、この値段なら3杯飲んで4品食べても2000円ですむ。これはなかなか。

HPのメニューを見ると品数も豊富でおいしそう。
Archives
Categories