◆付゛録゛◆

街で見かけたものたべもののこと、なるほどねーと思うことなどをつらつらと書いています。
コメント、トラックバック、リンク、お待ちしています。姉妹サイト、 『てのひらblog★』 もよろしく。

どうだろうか。

つぶ焼き

Twitterがブーム。たい焼きもブーム。

そろそろ例の青い鳥を型どった「つぶ焼き」が発売されてめざましテレビあたりで紹介されるんじゃなかろうか。

ちなみにツブ貝を焼いた「つぶ焼き」は昔からある。

エイプリルフールも今年からハッピーマンデーに

意外と知らなかったニュース。

エイプリルフールといえば4/1のものだが、今年のように日曜日にかぶると会社や学校が休みのためにせっかくの嘘がつけないということから、祝日のハッピーマンデー制度にならい、「4月の第1月曜日」と定められたとか。

嘘をつこうとしている人はご注意。



・・・・・っていう嘘はどうだろうか。

手ブレをなんとかしたい

デジカメが高機能になってから写真をよく撮るようになった。なのだが、なかなか思うような写真を撮るのは難しい。

特に手ブレが悩み所だ。夜のイルミネーションやほのかな明かりの中の物を撮ったりするのも好きなのだが、当然シャッター速度が遅くなるので、手ブレの問題が出てくる。三脚などで固定するのが基本なのだろうが、やはり面倒臭さは残る。

手ブレ補正機能等も優れたものにはなってきているのだが、後から補正するのではなく、そもそもブレないように撮る方向で考えたい。

そこで思った。カメラの形状や機能は変わっているものの、人差し指でシャッターを押す方式は相変わらずだな、と。

ただ、カメラ付きの携帯電話についてはこの点は大きく変わった。携帯を縦に持ち、親指でボタンを押すという新しいスタイルだ。押す方向が通常のカメラと違うので手ブレの性質も変わって来るだろう。この辺がちょっとヒントになるのでは。

例によって多少の冗談も交えながら案をいくつか。
続きを読む

クリーニングした日タグ

先日もクリーニング屋さんを話題にしたが、そのお店から冬物の料金割引の案内がきた。おお、これはいいと思ったのだが、どれを出したものかとわからなくなった。夏服に切り替わる頃にも出したような気がするのだが、どれを出したかわからなくなってしまったのだ。ちょっとしか着ていないのに出すのも勿体ない。さてどうしたものか。

そこで思った。前回いつクリーニングに出したかわかるタグを付けといてもらうのはどうだろう。目立たないようにポケットの中とか。これを目安に次のクリーニングはいつ出すか決められる。願わくば何回着たかがわかるといいのだが。

まあ、自分でちゃんと管理していればいいのだが。なかなかね。

ということで、クリーニングした日タグ、どうだろうか。

今までの「どうだろうか。」の記事

映らないガラス

勤めている会社のビルは汐留にある高いビルだ。東京湾を臨む景色はなかなか綺麗。

夜になると窓際の席に移ってPCを叩いてみたりする。ふと窓の外を見る事も多いのだが、部屋の中の照明がガラスに写りこんでしまって、いまひとつ綺麗な夜景が見られない。

そこで思った。というよりなんとかしていただきたい。

部屋が明るくてもなお夜景が綺麗に見えるガラスがあるといい。普通に考えて無理なことはわかる。そこをなんとか現代の技術で解決できないものか。需要はあるはず。

そんな「夜景が綺麗に見えるガラス」はどうだろうか。

今までの「どうだろうか。」の記事

雨の日のお買い物

雨の多い季節だ。傘をさしてスーパーへ行くと、入口でビニールの傘袋を1枚取り傘を入れる。それはいいのだが、次にカゴを取る。傘とカゴで両手が塞がる事になる。すると買う物を取ることが出来ない。これは困る。

傘を手首にかけようにもカゴを持つ方の手は真下に下げるので傘をかけられない。もう片方の手ではいざ商品を取るときに邪魔になる。カゴの縁にかけたのでは高さが足りないし、カゴの持ち手の部分には上手くかけられない。

そこで思った。(いや、あまり具体的ではないのだが)

買い物カゴに取り付けて傘をうまい位置に固定出来るようなアタッチメントを開発したらいいのではないか、と。傘を刺せるような筒状のものとか、高い位置で引っ掛けられるフックとか。

ということで「雨でも楽々お買い物アタッチメント」はどうだろうか。


今までの「どうだろうか。」の記事

場所リマインダー

先日このブログで「場所のアラーム」という記事を書いた。特定の場所に来たときに、その場所ですべき事を思い出す術があるといいなあ、という主旨だ。これはいままでぼんやり考えていたサービスの中でもかなり欲しいサービスだ。

と思っていたら海外のドットコムサイトを毎日紹介する有名ブログ百式さんの中で同様のサービスが紹介された。なんと早くも実現化され実際のサービスになっていたのだ。

是非、日本でも早く広まっていただきたい。

今までの「どうだろうか。」の記事

場所リマインダー(百式:2006/05/17)


折り箸

”割り箸”というのはおそらく日本独特のもの。そもそもどういう経緯で作られたかわからないが、安価に作れて使用していないかどうかもわかりやすい、使い捨て製品のはしりとも言えるのでは。

あるときふと思った。「二つに分解して箸の形にする方法は、割り箸のように太さを半分にするだけじゃないよな」、と。

つまり、通常の箸の長さを2倍にしたものを作り、中央に若干の刻みを入れておく。使うときはポキンと2つに折る”折り箸”というのを考えてみた。

何が便利になるかって?

1.蕎麦屋のように箸立てを使用する場合、倍の本数が入れられる。

2.割り箸のように、割った後にささくれを取る(2本を擦り合わせる)動作がいらなくなる。

3.折らずに菜箸として使うことができる。

4.子供の工作の材料としてのバリエーションが増える。


という、いろいろなメリット?がある”折り箸”なんてどうだろうか。

今までの「どうだろうか。」の記事

営業日めくりカレンダー

たまには他愛もないアイデアものを。

先日、珍しく休日出勤をした。ひっそりとしたオフィスに入ってみると、日めくりカレンダーが目についた。

今日は日曜日だが、めくる人が来ない週末には金曜日を示したまま時を過ごすこととなる。そして月曜日の朝に金、土、日の分が一気にむしり取られる。土、日を担当する紙は日の目を見ることはない。

そこで思った。オフィス用に資源の無駄、むしり取る手間をとことん省いた、土日祝日の無い『営業日めくりカレンダー』はどうだろう。

地球に優しいことをアピールしたい企業はどうぞ。床屋さん用に月曜日の無いバージョン、などと展開していける。

いろんなツッコミが予想されるが拒否。

今までの「どうだろうか。」の記事

3年ブログ

年末年始にかけては、本屋や文房具屋に数多くの手帳、スケジュール帳、日記の類いが並ぶ。実に様々な種類がある。

その中でも面白いな、と思うのが「3年手帳」「3年日記」などと書かれたもの。要するに3年分がひとつになっていて、同じ月日がひとつのページになっているもの。去年の今日何してたっけ?というのを見ながら今日の日記が書ける。なかなか面白そうだ。

ところで、最近日記といえばブログだ。初めてから1年、2年と経過した人も多いだろう。そこで思った。「3年日記」のように、ブログでも複数年の同じ月日をひとつの画面に表示させたら面白いのではないだろうか。そんなに難しいことではないはずだ(多分)。紙の日記はスペースに限りがあるが、ブログなら5年、10年と増やしていける。

「クリスマスは今年もひとりか−」「今まで誕生日は何をもらってたっけな」「なんか毎年同じ日に台風がくるなぁ」なんていろいろな楽しみ方ができる『3年ブログ』はどうだろうか。

今までの「どうだろうか。」の記事
Archives
Categories