8月の夏休みに行った石垣島の旅2日目。

この日は高速船で日本最南端の波照間島へ渡った。次の日に行こうかと思ったのだが、次の日はムシャーマという島のお祭りが島民総出で行われる関係で日程を変更したのだ。お祭りといえば観光資源かと思いきや、ここでは観光客を相手にできない日なのだ。

西表島経由で80分ほど。速いけど結構揺れる。シートベルトが必要。ちょっと酔った。地元の人の物資を運ぶためにも使われているようだ。

波照間のレンタサイクル屋さんで電動自転車を借りる。民家の物置でやっているような店構えがいい感じ。

島内を回り始める頃に雨が降りだしてしまった。「みんぴか」というお店でかき氷を食べていたが、雨が強いので昼ごはんでカレーライスも食べる。かわいい缶バッジや絵ハガキもあるので買ってみる。

雨も弱まってきたので、最南端の郵便局でハガキをだした後、日本最南端の碑を目指す。
途中、ところどころにヤギがいて、しばし撮影タイムとなる。小さい島かと思っていたが意外とアップダウンもあり、電動がない自転車だとキツそうだ。

最南端の碑付近からは広々とした海が見えて癒される。

その後は反対の北側にあるニシ浜へ。遠浅の綺麗な海岸。この辺の海の色の綺麗さはなんなんでしょうか。雨が降っていたのが残念。

商店などは昼休みを取るので注意が必要。
しかもお盆の時期だからやっていないところも多い。

石垣島に戻ってからは、予約しといたまぐろ専門居酒屋ひとしに直行。まぐろのお寿司が絶品。トロ、赤みももちろんだが、炙り、シソ鉄火巻き、海ぶどうの軍艦巻きなども旨かった。
他にも石垣牛炒飯、ラフテー、フーチャンプルーなど食べて満腹。

その後アーケード街のお土産屋さんや、街道沿いのスーパーを見てホテルへ戻る。