しばらく前のことだが、5月の連休を利用して、長野の松本方面を見てきた。急に思いたったのでノープラン。本当に当日の朝、電車と宿とレンタカーを予約した。

・新宿からスーパーあずさで向かう。
・松本駅に着いてやっぱり信州そばだろう、ということで近くの蕎麦屋に入ってみる。薬味に大根おろしが出るのがちょっと特徴的だ。
・宿からぶらぶら街を歩いてみる。カエルがマスコットの、「なわて通り」という川沿いの通りはなかなか情緒ある通り。小さいながらも様々なお店が軒を連ねる。
・松本城が近いので行ってみる。現地に行ってから知ったのだが、NHK連続テレビ小説「おひさま」の舞台ということで、観光客が多く訪れているらしい。入城するのに結構待ち時間があるので、外から眺めるだけにしておいた。
・夕食には松本らーめんという店のスープ酒粕を使ったラーメンを食べてみた。郷土のお雑煮の応用だ。なかなか旨かった。体があったまる。あとは居酒屋で馬刺しと地酒をいただいた。
・次の日はレンタカーを借りる。あいにくの雨模様。標高2000m近くにある美ヶ原高原美術館まで行ってみると、道端には凍った雪が積もっている。霧が深くかなりの暴風吹きすさぶ中だったので、庭園は見られず。アモーレの鐘を聞いている場合ではなかった。
・諏訪湖方面までいく。諏訪大社を参拝してから温泉に入りたくなり、「すわっこランド」へ行ってみた。プールなども付いた施設。諏訪湖が見渡せるお風呂で、サウナ、洞窟風呂、露天風呂などを堪能。
・松本までの帰り道も雨。道の駅などによりながらのんびり走る。着く頃にやっと晴れてきて、見事な虹を見ることができた。
・もう一杯くらい信州そばを、と思ったが、いい具合に電車があったのでそのまま帰る。

まあ、電車に乗って遠くに出かけて、うまいもの食って、ドライブして、温泉でのんびりして、という希望は全てかなえられた。