M-1グランプリ2010の感想を。

今年はちょっと遅れて録画で観戦。最後のM-1ということだ。

・カナリア

ドレミの歌のネタ。うーん、かなりの変化球。やっぱりもうちょっと途中でツッコミを入れて欲しかった。見てる方がなんか落ち着かなくなってきてしまう。歌はうまい。で、水嶋ヒロに似てる。

・ジャルジャル

いろんなツッコミのネタ。ジャルジャルはテレビで見ることが非常に多くなったけど、漫才は珍しい。ああ、こんな感じで漫才するのかー、と思っているとそこをひねってきたなかなかこれも変化球。意外性を感じさせたまでよかったけど、盛り上がりきれなかったかな。

・スリムクラブ

昔、エンタでフランケンとかやっていた以外未知数のコンビが、これまた相当変化球の勘違いのネタ。初めてみるコンビだからこそ通じると思われるネタの構成。4分しかないのに無言の時間がどれだけあったか。これが新鮮にうつって高得点。

・銀シャリ

やっとオーソドックスな漫才のスタイルでABCのネタ。みんなが笑えるネタを目指すところは間違っていない。もうちょっとたたみ込めるとよかった。

・ナイツ

今年のスポーツの話題のネタ。途中までいつもの調子できたかなーと思ったら途中からネタを振り返りつつボケるスタイルに。いつもの小さいボケがぎっしり詰まったネタからみるとちょっとスピード感にかけていたような気も。

・笑い飯

サンタウルスのネタ。去年の鳥人(とりじん)を思わせる設定で、このままいくの?という気持ちになったまま最後までいってしまった気がする。そこからのネタ自体はいつもながら笑える。メインのボケ以外に、今回だったらクリスマスの歌の歌詞など、サブのボケも発展していくところがうまい。

・ハライチ

なりたかった「ベテランの刑事」からいつもの感じに。ネタの重ね方をうまくやっていて面白かった。去年と同じ展開なので、ちょっと変化をいれているとアクセントになったかと。

・ピース

言葉の発音のネタ。ピースの漫才も初めて。ネタの展開のしかた、かぶせ方は無難にまとめてきた感じ。ツッコミでもう少しバリエーションをつけてもよかったかも。

・パンクブーブー

敗者復活戦から昨年チャンピオンの意地をかけて勝ち上がり。コンビニで犯罪に巻き込まれたのネタ。さすがチャンピオン、やっぱうまい。去年までの緻密なネタをもっと進化させたような構成。浮かべる情景がクルクル変わっていくところが面白い。

ということで、昨年につづいて笑い飯、パンクブーブーの2組が順当に最終決戦に進出。そして大穴のスリムクラブ。さてさて、どんな展開になるか。

・スリムクラブ

お葬式にいくネタ。なんと1本目と同じようなリズムで。ここまで堂々とできるところがある意味すごい。お客さんのウケもなかなかのもの。

・笑い飯

小銭の神様のネタ。笑い飯らしいネタ。もう貫禄を感じさせますな。

・パンクブーブー

喧嘩したときのネタ。1本目ともっていきかたは同じ。同じすぎて、区別がつかなくなってしまったかな。更にわけわからなくしすぎた印象。


ということで、笑い飯が9年ごしで悲願の優勝。「やっとですよ!」に気持ちが凝縮されていた。涙がにじんでいたのが印象的だ。

その他では、、
・司会は今田耕司と上戸彩。ここ3年このコンビかな。
・敗者復活戦からの送迎は今年も東京無線の原田さん。
・審査員に宮迫、大竹の新顔も。なかなか緊張するだろうに。
・漫才中、左下のスーパーに審査員の表情がうつされていたが、気が散ってしまうのでやめてほしかった。

これでM-1が終わってしまうのは、残念。M-1に出たくて漫才師になった、なんてセリフをよく聞くが、大勢いるであろうそんな人達はこれからどうするのだろう。