12月5日に、NAHAマラソンを走ってきた。今年で3回目の挑戦だ。

結果から言うと自己ベストを達成。NAHAマラソンで初めて歩かずにゴールまで走りきれた。これはかなり達成感を得ることができた。

当日の様子をとりとめもなく列挙。

・朝は曇り。これくらいの方が記録は出せそう。
・後半のスタミナ切れを一番気にしていたのでホテルの朝食も気持ち多めに。その後もバナナや栄養食を補給。
・ロングタイツとハーフパンツを迷って、結局ロングタイツに。膝を守るイメージ。
・ゲストの千葉真子さんの底抜けに明るい朝の挨拶で気持ちが和む。
・スタート地点はグループ毎にブロックに分かれる。自分はFグループ。後ろの方。
・9時にスタートなのだが、25000人いるので、自分がスタートラインに到達したのは13分後。去年より時間がかかったかな。
・スタートラインを過ぎても混雑のため、なかなか自分のペースで走れない。毎度のこととはいえ、じれったい。
・いつもながら沿道からの応援には元気をもらう。YMCAも一緒に振り付け。
・仮装ランナーもいつものように。タイガーマスク、スパイダーマン、スーツと革靴のサラリーマンなどは他の大会でも見かける。今回のタイガーマスクは自分の中で勝手に「三代目」と呼んでいる。
・毎年名物の時事ネタで巨大な仮装をする人を今回も見つけた。今年は「地デジ」ということで巨大なテレビに扮していた。これを読んだ人が想像したよりもおそらく巨大。
・ゼリーなどの栄養食を7km毎に定期的に採った。これもスタミナ切れを防ぐのによかったと思う。
・後半は沖縄の太陽が顔を出した。給水所の度に頭と足に水かけていた。直前に買ったサングラスも役に立った。
・30km過ぎてさすがにバテてくるが、そこから一時的にでも結構なペースに戻していけたのが練習の成果かと。練習の時に、1キロ毎に10秒ほどのダッシュをしたりしていたのだ。本番でもやろうと思ってたけど、結局たいしてできなかった。
・ただ、終盤で呼吸困難になりかけるという初めての状態にもなった。
・沖縄セルラースタジアムができて、最後の競技場に入るルートが少し変わっていた。
・最後のトラックで笑顔のワイナイナ選手とハイタッチ。元気がでた。

ということで、後半のねばりが効いて満足いく結果となった。調子良く走れている時は時計を見る回数が減るものだが、今回はまさにそうだった。

またも記事を書き始めてからアップするまで、ずいぶん日が経ってしまった。走り終わった後のことは別記事で。