BlogPaint先日NAHAマラソンで沖縄を訪れたとき。
せっかくなので何か面白いものを見ていこうと、『沖縄プロレス』を見てきた。みちのくプロレスや大阪プロレスのように地域密着系のプロレスで、スペル・デルフィン社長が去年立ち上げた。

国際通りにあるビルの5階に会場があるというのがすごい。週1回の休みを除いてほぼ毎日試合をしているというのもまたすごい。

ビルの前へ行くと、マスクマンが呼び込みをしている。レフェリーやリングアナなどもみんなマスクマンなのだ。

会場はパイプ椅子が100くらい並ぶこぢんまりしたもの。どこに座っても臨場感を味わえる。

試合前に三線を使って沖縄民謡を歌ってくれたりするのも一興。

出場選手はみんなご当地キャラクターになっている。この日は以下の3試合。

・シングルマッチ アグー 対 キジムナー
・3ウェイマッチ ゴーヤーマスク 対 ゴールデンパイン 対 スペル デルフィン
・タッグマッチ エイサー8 ミルマングース 対 シーサー王 怪人ハブ男

メインでハブ対マングースの戦いが見られるところが面白い。

楽しい掛け合いあり、激しい戦いあり。プロレスの面白さが凝縮されている。会場も盛り上がり、存分に楽しめた。試合後、観客全員と握手をしに会場を回ってくれたり、選手全員と記念撮影をしてくれたり。お客さんを大事にしている姿勢が伺える。

その時の写真がこれ。いい記念になった。

沖縄プロレス公式サイト
http://okinawa-prowres.jp/

100_2938#2_1