12/20に放送された「M−1グランプリ」。録画で2回目をみたところで、今年も感想など書いてみる。

・ナイツ
 自己紹介のネタ。いつ”ヤホー”が出るかと待ってしまったお客さんも多いのでは。相変わらず細かいネタが目一杯詰め込まれたテンポのよい漫才。最後がもっとスパッと終わるとよかったかなと。

・南海キャンディーズ
 ストーカーのネタ。山ちゃんのツッコミのボキャブラリーは絶品。ジャイアン、進研ゼミ、レゴブロックとか笑った。しずちゃんとのコンビネーションも良かったと思う。時折開いてしまう妙な間をもっとうまく処理できるとよいのだけど。

・東京ダイナマイト
 格闘技の勝利者インタビューのネタ。独特の雰囲気をもった二人。もっと型破りなことしてくれるかと思ったらそうでもなかった。「喜びを誰に伝えたい?」で延々ひっぱったのはなかなかM-1の中では思い切った戦法。

・ハリセンボン
 煮物おすそ分けのネタ。出だし、春菜が結構緊張していた様子。形はオーソドックスな漫才のスタイルだけど結構いろんな展開をしていて面白かった。

・笑い飯
 ”鳥人(とりじん)”のネタ。想像力をかきたてつつ、しまいには「とりシンイチ」とかまで飛び出したり。だれるところがなく最後まで突っ走った。紳助の100点には驚き。

・ハライチ
 飼いたいペットのネタ。レッドカーペットでも人気。何にでものっかっていくこのパターンはなんだかずっと見ていたくなる。このスタイルをすでに物にしてしまっているところがすごい。NHK新人演芸大賞では「運び屋のニック」でひっぱっていたけど、今回はここで終わり。

・モンスターエンジン
 結婚したいのネタ。職人肌を感じさせるコンビ。奥さんの役だけど喋り方は男のまま、というやり方はけっこう斬新だと思った。が、それがちょっと荒々しい感じになってしまったか。達者なしゃべくりは見事。

・パンクブーブー
 近所迷惑な人のネタ。爆笑オンエアバトルに出始めた頃に何度も見ていたのでちょっと愛着のあるコンビ。緻密なネタづくり、言葉選びは見事だった。無駄なことばは無く、間のとり方も最高。二人のコンビネーションもいい感じ。

・NON STYLE
 驚きの敗者復活戦勝ち上がり。「俺に勝とうなんて100年早いんだよ」のネタ。さすがチャンピオン、テンポのよい漫才は相変わらず。石田が自分にツッコむスタイルはやめたのね。

ということで、笑い飯、パンクブーブー、NON STYLEが最終決戦に勝ち残り。

2本目
・NON STYLE
 「安心せい、峰打ちじゃ」のネタ。1本目よりも後半の畳み掛けがよかったかな。

・パンクブーブー
 陶芸家の先生に弟子入りのネタ。ワンシチュエーションの中でもいろんなネタの展開をするので飽きることがない。ボケ、ツッコミともやっぱり言葉が洗練されている。

・笑い飯
 野球、ラグビーのネタ。というか、チンポジのネタ。最後の年の最後のネタにこれをもってくるところが笑い飯のすごいところ。どうもデビュー当時からやっているネタらしい。

優勝は満場一致でパンクブーブー。テレビの露出がまだ少ないコンビだが、これからどんな活躍を見せてくれるか。
優勝は逃したものの、笑い飯はいろんな意味で伝説となった。

その他、
・審査員は紳助、松本、上沼、東国原、赤信号渡辺、巨人、カウスという7人。
・敗者復活戦の大井競馬場からスタジオまで送り届ける役の東京無線原田さんがなかなかの人気者に。
・今年は敗者復活戦の様子も夕方地上波で放送される。ダイジェスト版のようなものだった。
・勝ち上がるまでのドキュメント映像などでよく最近目立言葉が、「M-1がすべてです」「この1年M-1のことばかり考えていました」のようなもの。優勝する価値がすごく高いものになっているのでわからなくはないが、漫才師はそれがすべてでは無いだろう、という気がしてしまう。
・「M-1用の戦い方」みたいな話もよく聞くようになったのでそこも気になる。M-1の時だけモードチェンジするならいいが、普段もそれようのスタイルになってしまい、個性の幅は狭まってしまうのはよくないと思う。

とはいうものの、来年も楽しみ。