昨年の途中から録画したままにしていたピタゴラスイッチ。見返しながら久々にブログに書いてみることにする。何回分あるだろう。追いつけるかな。

2007/5/30放送のピタゴラスイッチ。「まわるもののりゆう」のまき。

中国料理を初めて食べにきたピタとゴラ、と百科おじさん。
調味料をとるために丸いテーブルを回し始めた。食べたいものが取りやすくなる。
「世の中にはまわるものはいろいろあるが、それぞれにはちゃんと理由があるのじゃ。詳しくは、わしの401ページに書いてあーる。」
「子供だから、読めませーん。」

401ページはなんの語呂合わせだ?

テレビのジョンのVTRでは、、ってジョンも店に来ていた。こんなこともあろうかと百科おじさんが呼んでおいたとか。

・列車の向きを変える装置
・りんご畑では収穫の時期にりんごを回してまんべんなく太陽にあてる
・なんと太陽の動きに合わせて回すことができる家がある。窓からの風景もかわって楽しめる。
・回る大仏様がある。すべての方向を見渡して、世界中の幸せを願ってくれているのだ。

なるほどねー。

餃子を先に食べるのは自分だ!と言ってテーブルをグルグル回し始めるピタとゴラ、でおしまい。

その他は
・ピタゴラそうちのショートバージョンは3段重ねの台車。
・そしてロングバージョン。これも台車を使ってるなー、と思っていると終わったあとにナレーションが。「実は車が1周して始めの位置にもどってくる仕組みになっています。」、、、、!!!!確かに!! 坂道やエレベータのようないろいろな仕掛けを経由して車がもとの位置に戻ってきた!思わず永久機関?とか思ってしまった。
・「ぼてじん」は「きょうはピアノだからまた。」

今までのピタゴラスイッチ関連の記事