何週か抜けてしまったが、久しぶりのピタゴラスイッチの記事。
「たどればみつかる」のまき。

戸棚にしまっておいたおやつのポップコーンを探す百科おじさん。ポップコーンならところどころに落ちているというスー。落ちているのをたどってみる事にした。たどっていくと草むらに隠れてポップコーンを食べていたピタとゴラ。でもどうして分かったの?

「落ちているポップコーンをたどれば、犯人が見つかると思ったからじゃ。このようにたどれば見つかるものは他にもある。詳しくは、わしの201ページに書いてあーる。」
「子供だから、読めませーん。」

テレビのジョンのVTRでは

・ある総合病院ではいろいろな科があるので病院の床に色分けされた線が書いてあり、この線をたどっていけば行きたいところにいける。
・山芋はツルをたどっていくと芋を掘り当てることができる。
・蟻の行列は、他の蟻がつけた匂いをたどって出来上がる。同じ匂いのする液体を8の字につけると、8の字の行列ができあがった!

なるほどねー。
201ページは”におい”の語呂合わせ。


ピタとゴラがこぼしたポップコーンをそうじして、おしまい。

その他は
・「おとうさんスイッチ」は「方言も可」。今回は青森弁。「かっちゃにきる(反対に着る」「きみくう(とうもろこしを食べる)」「くぴた(首)」「け(痒い)」「こまる(おじぎをする)」。
・10本アニメは輪ゴムで遊ぶ。最後に切れるのがいいね。
・ピタゴラそうちは鉛筆の橋が何度も使われるのがいい。
・今期の新コーナー「今日の手順」。「いれる」→「かまえる」→「なげる」→「たおす」。。。。正解はボーリング。指を入れるってところがなかなか思いつかない。前回のうどんはわかりやすかったんだけど。


今までのピタゴラスイッチ関連の記事