IKEA1
先月の事だが、幕張に出来て話題になっているスウェーデン発の大型家具店、『IKEA』に行ってきた。夏休みとはいえ平日なので、さすがに出来た当初の混雑はなくなっているようで順調に入店できた。
買い方のシステムがちょっと普通と違うので入口でビデオが流れていたりする。

こちらがIKEAの三種の神器、鉛筆、オーダー用紙、メジャー。サイズなど計りながら、気に入った商品の番号をこの用紙に書き込んで行くのだ。メジャーはメートルとインチが裏表になっているので注意。

IKEA6

2階に上がるとかなりの数の家具が並べられている。実際の部屋のようにお洒落に飾られているものもたくさんある。全てが商品となっている。広いフロアを曲がりくねった順路に従って歩いていく感じはさながら家具のテーマパークといったところ。

IKEA2IKEA3

さて、2階を見終わり1階へ降りると調理器具や園芸用品等、細かな商品のコーナーとなる。ここはショッピングカートを使う。並べられているカートの数もすごい。今まで使っている鍋がいたんでいたので、片手鍋などを選んでみる。

IKEA4IKEA5

買う物が決まったらバックヤードへ。ここではほとんどの家具がフラットパックされているのだが、それらの商品がどでかい倉庫に積み上げられている。2階でメモした番号を頼りに家具を探し、カートに乗せていくのだ。ほとんどの家具が車ですぐに持ち帰れるのがこの店の特徴でもある。しかし、この規模はすごい。倉庫への収納のノウハウなんかもありそうだ。

IKEA7

一通り歩くと結構な距離となり疲れる。のども渇くし腹も減ってくる。ということでレジへ向かうところにこれまたどでかい”ホットドック100円”のポスターがある。うまいもんだ。ご多分に漏れず我々もホットドックとコーヒーをいただいた。先日書いた記事、「ケチャップとマスタード」はここのものだ。

IKEA8

レジはこれまたベルトコンベアで商品を流していく。規模がでかいし、よく考えられていると関心する。

IKEA9

まあ、今回は店を一度見てみたかったということで。思えば欲しい家具なんて今はなかった。唯一ほしいのがちゃぶ台だったのだが、そのような和風のものはなかった。製品も全国共通での生産になっているのかな。

家具ではないが、キッチンのコーナーでシンクにぴったりはまる形のまな板があった。家のシンクの大きさが詳細はわからなかったが、賭けとばかりに同じ位のサイズのものを買っていった。家に帰ってあててみるとピッタリ。これは嬉しかった。

IKEA10