前回のブラック・ジャック。
「破滅への挑戦」(原題:「きたるべきチャンス」「腫瘍狩り」)

さて、ラス前となりました。怒涛の展開。もう原作もあったもんじゃありません。どうまとめていくのかに興味がありますね。

もろもろ感想を。

・スカイホスピタルが再登場。当然Mr.ホワイトも。そしてセキュリティシステムもバージョンアップしています。
・両親の敵である全満徳の手術も引き受けたBJ。やっぱ家族の頼みに弱いです。
・「あ!さっきのカプセルホテユ!」「カプセルホテルじゃない!!」に笑った。
・蓮花がなんかすごいキャラになってしまいました。
・老化防止に役立つという意味で名付けられたBOP(Blood Of Phoenixs)ですが、ウイルスの方が不死身だったってのが皮肉ですね。
・いくらドアをこじ開けようとしたといっても熱線銃は乱暴だろう。異常を感知した時になんでもかんでも東京へ帰還するってのもまた乱暴だし。
・完璧だというセキュリティシステムの裏をかくために病人になりすますというのがなかなか面白いところ。『24』でも使われたエピネフリンが登場しました。
・で、みんなフェニックス病に感染してしまいました。ピノコもピンチ。
・写楽をさがせ!は「SHの格納庫」。ラルゴも一緒。これは気づきました。

さて、来週は「生命の尊厳」。なんかロケットまででてきたりして話がでかくなってきました。うまくまとまるんでしょうか。

今までのBJ関連の記事