先日書いた、工事中の看板に書かれている人物についての記事『工事中につきご迷惑おかけします。』(2006/06/05)という記事が一部の方に好評だったため、調子にのってまた書いてみる。

というか、あれから自然と工事の看板に意識がいくのか非常によく見かける。たくさん集まったのでずらっと並べてみよう。

まずはこちら。
看板21

好青年だ。これなら工事の騒音も我慢してしまう。
続いてこちら。
看板22

どうも頭を下げると上目遣いになりがちだ。ちょっとこびたような表情が減点対象。

お次はこちら。
看板23

ちょっと変化球がきた。やたら漫画チックになった。一応ヘルメットをかぶっているようにみえるので作業員なんだろうが、ただの幼稚園児にも見える。しかも猫に話しかけてるし。

つづいてこちら。
看板24

いやいや、ご丁寧に。と言いたくなる。物腰やわらか。

こんなのもある。
看板25

どことなく『Y氏の隣人』に出てきそうなキャラクターだ。下げた右手は「こちらの道をどうぞ」ということだろうか。ちょっと「おひかえなすって」にも見える。

そしてこちら。
看板26

同じく右手を下げているが、こちらは脇にかいてある文章を指し示しているのだろうか。笑顔が素敵だ。

同様に文章を指し示しているものがあった。
看板27

うーん、どうだろうなぁ。看板にもたれかかり、足を組んで指を差し「これ、これ、これ読んで」という感じでいまいち誠意が感じられない。お前の口からちゃんと説明しろと言いたくなる。


というわけで工事の看板も結構いろいろあるものだ。次に狙っているのが銀行のATMに登場してお辞儀してくるお姉さんの絵なのだが、

 ・ATMでいきなり写真を撮るのもなんだか怪しい
 ・意外と登場時間が短いし、動くのでシャッターチャンスが少ない

ということで挫折している。