しばらく前のことになるが。一生縁が無いのではと思っていたグリーン車に乗ってみた。というのも、以前このブログの記事「Suicaグリーン券」に書いたとおり、Suicaでを使ったグリーン車の乗車システムに興味を持っていたのだが、たまたま大宮へ行った帰りにその券売機を見つけてしまったからだ。電車が来るギリギリまで迷ったが、話のタネと乗る事にしてみた。

まずはホームにある券売機。これにSuicaを入れて行き先を押す。するとSuicaに行き先や料金などが記録される。お金を入れるわけでも切符がでてくるわけでもない。大宮から赤羽までのわずかな区間だが買ってみる。

グリーン車1

そして乗り込む。
この路線のグリーン車は二階建てになっている車両だ。やはり二階席に行ってみる。そんな時間にその区間に乗る人はいないようで、中はガラガラ。1車両に1人乗っているだけだった。下の写真に小さく写っているが、各席の頭上にランプが光っている。空いている席は赤色。
グリーン車2

このランプの部分がSuicaのリーダになっている。ここに先ほど券売機に通したSuicaをあてるとランプが緑色に光り、そこに座ってよいことになる。リーダは以下の写真。
グリーン車3

Suicaのシステムにしばし感動していたため味わうのを忘れていたが、やはり座席の間隔も広くて座り心地がよい。

グリーン車4

その上2階席なのでなんとなく眺めもよい。駅に着くとホームにいる人を見下ろす事となり、ちょっと偉くなった気分だ。乗っていると検札のお姉さんが入ってきた。検札といっても、座っているところはちゃんと緑色のランプになっているかをチェックするだけだ。

このリーダにもう1回あてると赤に戻る。席替えが自由にできるということだ。ただ、カードは1人1枚持っていないとならないので家族旅行などには使えない。(家族旅行でグリーン車はそうないと思うが)それとSuicaを持っていない人はどうなるのだろう?乗れない?券売機には現金が対応してなかったりの制約はあるのかも。

ということで思いがけず乗ったグリーン車。次に乗るのはいつの日か。