Suicaグリーン最近、JR東日本の”Suica”が勢いがある。買い物に使えるお店も増えているし、DoCoMoやauでモバイルSuica対応の携帯電話がでたことで勢いは増すばかりだ。JRの駅のなかではマスコットのペンギンが書かれたポスターをそこらじゅうで見かける。

そんなポスターの中でちょっと興味深いサービスがあった。「Suicaグリーン券」だ。これは、券売機にSuicaを入れてグリーン券の購入手続きをすると、そのグリーン券情報がSuicaに記録される。そして、グリーン車の座席上部にSuicaを読み取る装置がついており、そこにSuicaをタッチすることで座席確認となり、車内改札が省略される、というものだ。乗客にも車掌にも嬉しいサービスだ。

なるほどねー。

古くは切符売りも改札も人手で行っていた鉄道会社。切符が券売機で売られるようになり、改札も自動改札となり、人員削減となっていった。Suicaの登場でさらにサービスが広がり、新しい局面をむかえているような気がする。

今までの「なるほどねー。」の記事