最近、仕事でもやる事が増えてきてToDo管理の方法にも悩む事が多い。
手帳に書いてみたり、EXCELにまとめてみたり、白い紙に書きなぐってみたり、、いろんな方法を繰り返し試してみている。

で、最近はこれ。check*pad。有名サイト、『百式』の管理人さんの作成したToDo管理ツール。シンプルな操作性、シンプルなデザインは誰でも入り込みやすく、敷居が高くないのがいい。チェックリストを複数人で共有できるというところが特徴的。また、特定のチェックリストを毎朝携帯メールで受け取ることができる機能などもユニークだ。

仕事、プライベート共に使いはじめてしばらく経つが、思いついたときにサクッとタスクを追加できる手軽さがなかなかいい。こういうものを考え始めると階層構造にしたり、先行関係をつけたりし始めてしまうのだが、そうなるとどうしても続かなくなる。無駄な事は極力排除、シンプルに徹したところに美しさがある。あとは自分なりの使い方を編み出していけばよい。

ベータ版で公開され、随時新規登録を受け付けているので是非試してみては。

そして、同じく百式管理人さんのブログサイト『idea*idea』で紹介されたバブルマップ。これがまた面白そうだ。

手書きで行うToDo管理だが、リストでは無くバブル形式で表現していくのだ。どう使うかというと「いやーな感じがするToDoは大きく、そうでないToDoは小さく」書く。すると、いやーなToDoが終わったときに大きな面積をつぶすことができる。いやーなものを片付けるほど爽快感を味わえるのだ。大きく書いておけば、一部が終了したときにバブルの内少しの面積を消すなどの応用も利く。

今まで手書きのToDo管理をする時に、大事なToDoは大きな文字で書いたりしたことはあったが、バブル形式の方が頭の中をそのまま表すことが出来る感じがする。書いているうちに、早くかたづけなければならないものは(バブルだけに)上の方に書くとか、関係し合うToDoはちょっと重ねて書くとか自分流のルールが出来てきて面白そうだ。

うーむ、なるほどねー。

明日からcheck*padとバブルマップを使ってバリバリToDo管理してみますかね。

今までの「なるほどねー。」の記事

百式:
http://www.100shiki.com/
check*pad:
http://checkpad.jp/
idea*idea
http://www.ideaxidea.com/
バブルマップの記事「イヤなものを目立たせる」:
http://www.ideaxidea.com/archives/2005/10/_todo.html