◆付゛録゛◆

街で見かけたものたべもののこと、なるほどねーと思うことなどをつらつらと書いています。
コメント、トラックバック、リンク、お待ちしています。姉妹サイト、 『てのひらblog★』 もよろしく。

霰粒腫

10月後半くらいから、右目のまぶたに何やらできものができた。医者に診てもらったら霰粒腫(さんりゅうしゅ)という聞き慣れない眼の病気だった。未だ若干腫れた状態だが、一時より大分治まってきたのでこの辺で記事にしてみる。

いつもは一重まぶたなのだが、眼が腫れぼったくなり、しばらく二重になることはしばしばあったのだが、あるときまぶたがぷっくりと膨れてきた。

と思っていると、だんだん内側が大きく腫れて少し赤くなってきた。痛みや痒みはない。

しばらくして丁度人間ドックだったので話してみると、眼科に行ってみた方がいいとのこと。その日に眼科へ行く。

しばらくスコープなどで見た後、先生が言ったのが『霰粒腫(さんりゅうしゅ)』というものだった。

眼に涙(水分)を出すのと別に、それが渇かないよう脂分をだす”マイボーム腺”というものがあるそうだが、これが何かのはずみで詰まってしまい、脂分が貯まって膨れてしまうものだとか。

”ものもらい”と症状が似ているが、”ものもらい”は細菌感染によるもの。ちなみに『麦粒腫(ばくりゅうしゅ)』という名前があるらしい。

瞼の裏から切って中身を出すという手術もあるが、ドライアイになったりするのでなるべく薬で治しましょうということで目薬と軟膏を出してもらった。

ネットで情報を見ると、かなり治るのに時間がかかったり手術で腫れ上がったりと不安になる情報が多かった。一時期、かなり大きくなり、小豆ぐらいの大きさになる。視界にうっすら入り込んでくる。

痛みが無いのはいいのだが、ゴロゴロとした感触が気になるし、何より見た目が悪く人と目を合わせるのが嫌になったりする。サングラスかけてやろうかと考えたほどだ。

このまま膨らみ続けてしまうのか、と恐怖したある日の夜、張っていた腫瘍部分から膿がでて、それからはだんだん小さくなっていった。

今でも多少残っているが、それほど気にしなくて済む程度になり一安心したところ。再発も少々不安なところではあるが。

先日床屋に行って、この話でひとしきり話したのだが、そのお店のスタッフの一人が子供の頃かかったことがあるという。捜せばいるものだ。

矢場とん

a19ee6da.jpg 45726475.jpg

名古屋に遊びにいったとき。

名物の味噌カツを食べて見ようと思い有名な『矢場とん』に行ってみた。本場?の矢場町のお店だ。

連休ということもあって、さすがというか店の前にはかなりの行列が出来ていた。こりゃあずいぶん待つかなと思ったが、その時は一人だったので数々のグループ、カップルをごぼう抜きにしてカウンター席に座ることができた。

基本のロースカツ定食を頼む。

こってりした見た目の味噌がかかっているが、これが割とあっさりしていて食べやすい。程よい甘さが豚肉とよくあっていて、とってもおいしいです。とコメントしたくなる味だ。

これでまた名古屋名物を食べたな、と思ってふとカウンター横の壁を見てみると、
「矢場とん東京銀座店、お待ちしています!」
という貼紙が。普段でもたまに通る場所にあるんじゃないか。

21f8611e.jpg

静岡で見たアーティスト2009 その7 毎度おなじみ

大道芸ワールドカップin静岡2009で見たアーティストの紹介その7。

日があいちゃったけど、今年の記事はこれで最後。

その6まで書いてきた他にも何組かのアーティストのパフォーマンスを見た。昨年までの記事にも書いてきた人をまとめてご紹介。

それぞれ以前の記事のリンクと一緒にショートコメントを。

・ル テニス
昨年審査員特別賞から今年は銅賞に。このオリジナリティは他になかなか無い。
静岡で見たアーティスト2008 その11 ル・テニス

・モノジャグリングショー・タック!!
技もさることながら、お客さんを盛り上げ方がさすがという感じ。
静岡で見たパフォーマー2007その10 〜モノジャグリングショー・タック!!〜

・リスボン上田
こちらもトークが面白い。頑張ってオン部門出場となってほしい一人。
静岡で見たアーティスト2008 その10 リスボン上田

・デビッド・ラムゼイ
やっぱり面白い。毎年見ているけど毎回ちょっとずつバリエーションが違うところがすごい。
静岡で見たパフォーマー2007その2 〜デビッド・ラムゼイ〜
静岡で見たパフォーマー2005 その3 デビッド・ラムゼイ

・タカパーチ
毎年”毎度おなじみ”と書いては最初にブログに写真を載せているような気が。探してみたらこんなにあった。今年はちょっとお話もできて感激。
タカパーチさん
静岡で見たパフォーマー2007その3 〜タカパーチ〜
大道芸ワールドカップin静岡2007
大道芸ワールドカップin静岡2006
静岡で見たパフォーマー2005 その6 タカパーチ

来年も新しいアーティストとおなじみのアーティストを見に静岡へ行きたいと思う。

謎のボタン

0aa89bfd.jpg先日ランニングのイベント「THE_HUMAN_RACE_10K」に出た時のこと。

スタート会場には仮設トイレがずらりと並んでいる。

男性用のボックスに入ると、小便器の少し上に、写真にあるとおり懐かしの「へぇボタン」のようなものが付いている。

トイレにボタンがあるというと水を流すボタンを思い浮かべるが、押してみてもランプがつくだけで水の出る気配が無い。

そうか、音が出てカモフラージュするやつか、、いや音も出ない。実はいい香りが出て、、、こない。

何度押してみてもただランプがつくだけで他に何もおこらな。。。え?。。。ランプがつくだけ??

そう、答は最初からでていたのだ。半透明の天井から太陽光を取り入れる形になっている。天気がよいこの日はトイレの中も明るいので気づかなかったが、夜などは当然真っ暗になる。便器を照らすためのランプそのものだったのだ。

こっちじゃ

3167c1f9.jpg名古屋の大須に遊びにいったときのこと。

大須観音を駅方向から抜けたところに、「大須仁王門通り」というアーケード街がある。

アーケードの入り口付近にあるビルを見てみると大きな仁王様が描かれており、通りは「こっちじゃ」と言っている。なかなかの迫力だ。

ここはマンションだろうか。ここに住んでいる人達はどんな気分だろう。「仁王マンション」とか「『こっちじゃ』マンション」とか呼ばれているのだろうかとか考えてしまう。

アベック注意

b4f9a1f4.jpgとある港の公園で。”アベック”が襲われる事件があったとの看板が。果たして何年前のことか。

男か女か

6911444a.jpg
度々登場するトイレの話題。

男性用、女性用を識別するためのマークは様々ある。大体男が青、女が赤で書かれている事が多い。それぞれの体を丸と三角で表したシンプルなマークが多い。

和風のお店で殿様とお姫様の柄だったりと少し変化球の場合もある。お洒落なお店で、それぞれ男女の横顔なのはいいのだが女性がショートカットでイマイチ区別しづらいときもあったり。

先日とあるスポットの駐車場にあるトイレのケース。

港だったので、海に関係するものということで男性用は写真のとおり海の神ネプチューン?の図柄。女性用はさすがに写真をとれなかったのだが、マーメイドの図柄。

どちらも下半身が魚になっていてよく似ている。並んでいればまだ色でわかるが、離れて貼ってありる単独だと識別しづらい。

とか思っていたら、やはりそういう意見があったようで、下の写真のように近くに『男』とでかでかと貼られていた。

海の神ネプチューンも屈辱だろうて。

686b0da4.jpg

名古屋のモーニング

2ae1c214.jpg 3eea4e4d.jpg

先日、名古屋に遊びにいったとき。名物の喫茶店のモーニングを食べようとガイドなどを見ていた。

ホテルの近くにあったお店「コメダ珈琲」は、名古屋にはよくある喫茶店らしい。ここのモーニングは何種類かあるがトーストとゆで卵がつく一番スタンダード?なものをいただいた。これでドリンクと変わらない値段なのはお得だ。

次が伏見のボンドコーヒーというところ。トーストとベーコンエッグのセット。こちらは普通にセット価格だったかな。丁寧に煎れるコーヒーがめちゃめちゃ旨かった。名物の小倉トーストを食べればよかったと後悔。

駅近くにあり、なんと1日中モーニングサービスをするようになった「リヨン」というお店も見てみた。もはや「モーニング喫茶」と名乗っている。看板の絵柄が「モーニング」という文字でかたどったコーヒーカップだ。

380円でコーヒーにプレスサンド(小倉、野菜)が付いてくるというかなりお得なものだ。

ところが、店の前まで来て驚いた。長い行列ができていたのだ。20人くらいいただろうか。連休だったので、テレビで紹介されたりしたのかも?さすがにこれだけ待つ気はなかったので今回は入店しなかった。

786f2e13.jpg 6ad2029f.jpg

45ba98e6.jpg

クルトガ

5e1bfe0f.jpg便利な文房具というと『カドケシ』と並んで名前が挙がると思われるのが『クルトガ』。

芯が一定感覚で回って、常に尖った状態で使えるシャープペンだ。

最近では何か書くのはもっぱらボールペンで、資格試験でもないとシャープペンを使わなくなってしまった。たまには使ってみるかとクルトガを買ってはみたものの、まだあまり使えていない。

少しばかり使ってみたが、今までの癖でクルッ、クルッと自分の指で回してしまう。

クルトガの回転と息を合わせるのに今しばらく時間がかかりそうだ。

注意する場所

cb5e1ec4.jpgとある駅で。地下鉄だったので、地上へ上がるのに階段を上がる。

すると、階段へ向かった時に、写真のとおり階段の側面に書いた文字が目に飛び込んできた。

周りが殺風景な通路なので、この掲示はなかなか効果があると思った。ついつい目がいく。

ただ、注意書きの内容が『車を運転する皆様へ』ということで、シートベルトの装着や飲酒運転禁止などの内容であった。

ちょっとした観光スポットであり、ここへ地下鉄でくるような人は、車に乗らない人が多いのでは?という点がイマイチ腑に落ちなかった。
Archives
Categories