◆付゛録゛◆

街で見かけたものたべもののこと、なるほどねーと思うことなどをつらつらと書いています。
コメント、トラックバック、リンク、お待ちしています。姉妹サイト、 『てのひらblog★』 もよろしく。

Twitter1周年

Twitterを初めて丁度1年になる。おかげでBlogを書くのがすっかり減ってしまった。

去年のくれ辺りからかなり日本でも流行となり、今更ではあるがいろいろと思うところを。

最初は何をつぶやいたらよいのかわからなかった。Blogと何が違うのか?自分の中でも違いがはっきりしなかった。

一番の違いは、Blogがよく「日記型サイト」などと言われるように「今日何した」を書くのに対して、Twitterは「なう」という言葉に象徴されるように「今何してる」を書くものという点だ。この点はやはりiPhoneとの組み合わせにより強調されていったと思う。

Blogと違ってタイトルやカテゴリを入れる必要が無い、そんなのたいした違いじゃないと思っていたが、これが使いこんでいくと明らかな違いとなってくる。

既存のブログやチャット、掲示板などでも、同じようなことはできる。でも「同じようなこと」と「同じこと」の間に大きな差があった、というところか。機能的に決定的に新しい訳ではない。知らない人にTwitterの魅力を説明するのがなかなか難しいのもこの辺にある。

政治家、タレントなど多くの有名人が参加していて、その人達の素の言葉が聞けるのも面白さのひとつだ。意外な人同士が会話してたりしていて、この「人の会話がのぞける」というところも興味深いところ。

ブログや掲示板はこちらから見に行く感じだが、Twitterは面白いことがどんどん自分に入ってくる感じ。使い方次第でいろんな情報を仕入れることができる。家に帰ったらテレビをつける、PCを開いたらメールを見る、と同じ様に、iPhoneをつけたらTwitterを見るという人は今やかなりの数いるのではないか。

複数のアカウントを使っているが、1年間での合計ツイート数は約1500。これからは、どんなことをつぶやいていこうか。

おつかれ鳩山さん

ついに鳩山さんが辞任となった。

普天間問題を主として連日の報道で非難を浴びる姿を見てきた。

はっきりせぬ態度、どこか他人事のような物言い、目的も結論も見えぬ会議、NOとも言わずにいるうち身動き取れなくなる様子、方針示せぬまま身内からも噴出する批判、、、

とまあ、いろいろあったわけだが、自分としては、ある程度の規模の会社や組織ではなんだかよく見る光景だなあ、なんて思っていた。自分でも会社でこうなってしまっているのではないか、似たようなところがあるのではないか、と思うとヒヤヒヤしていたものだ。

そんなわけで、自分としては鳩山さんに是非良いところを見せてもらいたいということで、この記事も「がんばれ鳩山さん」というタイトルで書こうとしていたのだが、、、間に合わなかったか。

政治家に限らず、しっかりとした実行力、統率力のある人が今の日本にどれだけいるのだろう、なんて考えてしまう。批判ばっかり得意な人が多くなってしまっているのではないか(まあ、鳩山さんがその第一人者だったわけだが)

ブログやツイッターなど、意見を言える環境は増えている。是非、"批判"だけではなく、有効な"議論"が出来る場としても活用されるようにしていかないといけないと思う。

吉野家でトッピング丼



千葉にある吉野家で写真のようなポスターを見かけた。4種類のトッピングが乗った牛丼を販売しているらしい。

・辛みそネギたま牛丼
・コーンマヨ牛丼
・チーズ牛丼
・半熟てりマヨ牛丼

その様子は、すき家のポスターのようだ。吉野家は豚丼などに手を拡げてから、種類こそ増えたが、あまりこの手の変わり種はなかった。地域限定で実験段階のようだが、安値競争のあおりでここまで手を出すようになったか。

吉野家といえば蕎麦をだす青い吉野家が目立つようになってきた。一度食べたがなかなか旨い蕎麦だった。これはこれで硬派な蕎麦だ。

今回吉野家のHPを見てみたら、盛りの少ない「軽盛」というのもやるらしい。

あの手この手と大変だ。

かむかむホッとミルク

d7e6b2fe.jpg『かむかむレモン』はくせになる、というのをずいぶん前に記事にした。その他にもいろいろな種類の味がある、というのも多分記事にした。

この前コンビニに売っていたのが『かむかむホッとミルク』。

売れっ子のリラックマとのコラボになっている。

甘くてやさしい味。

カップメン

3f5bc71a.jpg文房具屋などで最近見かけるもの。

カップヌードルにお湯を入れた後に蓋を押さえておくための人形だ。

必死でおさえている(落ちそうになっている?)姿がかわいらしい。

「Cupmen」というネーミングもなかなかだ。温まると色が変わるらしい。

800円はちょっと高いかな?


h concept Cupmenカップメン グリーン D-520-GR
h concept Cupmenカップメン グリーン D-520-GR
クチコミを見る

中国に行ってきた その12

00367cb5.jpg上海の浦東空港にて。

片隅に置いてあったのが写真の「防爆罐」。爆弾処理用の缶?この文字で検索しても中国語のサイトばかり出てくる。

ということで、こんな写真だが今回の中国行きのネタはひとまず終了。

中国に行ってきた その11

IMG0002
建設中の建物が多い、というのは前に書いた。中でも目に付いたのが、竹のようなもので足場を組んでいる工事現場だ。

日本であれば全部鉄パイプで組そうなものだが、写真のように今でも竹などの材料で囲われた現場をいくつか見かけた。

中国に行ってきた その10

IMG0003
上海はもうすぐ万博。街のあちこちでマスコットの「海宝(ハイバオ)」を見かける。泊まったホテルの前にもいた。

幹線道路もライトアップされていたりと、万博を迎える準備が着々と進んでいるようだ。

帰り道、高速から万博会場の工事の様子が見えた。下の写真は中国館。他にもユニークな形のパビリオンが並んでいる。急ピッチで進められているこの工事。現地の案内の人もちょっとカタコトで「コウジ、イソイデヤッテイマス。」と言っていた。

IMG0004

中国に行ってきた その9

a8f59052.jpg上海の楽しみのひとつがリニアモーターカー。空港から街中近くへ走っている。

これに乗りたいがために、旅行会社が気を効かせてつけてくれた空港からホテルまでの送迎を断った。

中国語で「浮磁」と書く。雰囲気が出ている。

乗り込む前に空港のような荷物のセキュリティチェックがあるのが特徴だ。

出発するとグングンスピードを上げていく。さすがに揺れがなく滑らかに走っている気がする。

車両の入口部分にスピードメーターがついている。100キロ、200キロと数字が上がっていく。そして300キロ。かなりいい感じだ。と、思っていると、そこで数字がピタリと止まる。

どうも時間帯によっては300キロまでしか出さないらしい。ということでそのまま終点まで。わずか10分弱の体験だった。

今後はもっと路線が延びるらしい。また乗る機会はあるかどうか。

中国に行ってきた その8

77202360.jpg今回の中国は大連と上海へ行ったので、中国国内移動が発生する。南方航空の飛行機を使った。

空港の出発ゲートからバスに結構な時間乗ったところに飛行機が待っていた。バスからタラップに乗り込むまでも、やっぱり列を作るということをしない中国人。

機内で日本語アナウンスがないのもなんかちょっと淋しいが仕方がない。

機内食が出たのだが、これまた馴染みのない料理だ。冷えたアルミパックに入ったものがついていて、見た目の雰囲気で羊羹のような甘いものかな?と思って最後に取っておいた。袋を開けたら中身がキムチのような漬物だったのにはまいった。

客室乗務員にも笑顔は無し。無事に上海へ辿り着けて何より。
Archives
Categories