◆付゛録゛◆

街で見かけたものたべもののこと、なるほどねーと思うことなどをつらつらと書いています。
コメント、トラックバック、リンク、お待ちしています。姉妹サイト、 『てのひらblog★』 もよろしく。

黒赤鉛筆

「あるようでなかった」黒赤鉛筆、トンボ鉛筆が9日発売(02/05 07:25asahi.com)

なかったんですか。。。
改めて言われてみると今までなかったのが不思議で。

確かに芯の太さの問題があるので技術的な理由でつくらなかったかも。

でも、いくらの長さの比率を変えたからといって、の方がどんどん使っちゃうと思うんですが。でも、よくあるのよりは返って使い道あるかもね。メモ

ところで黒鉛筆が六角形なのは転がらないように。それなら色鉛筆も六角形にすりゃいいのに、と思うが必ず丸い。これは色鉛筆は芯が太く、またもろくて折れやすい。
折れにくいようにするためには周りからの力が均一にかかる丸にするのが一番いいからである、という話を聞いた覚えがあるんですが、あってますか?

(でも転がって机から落ちて、結局そのほうが折れやすいじゃん、と思った覚えがある。)

ぐーぐる

世界最大の検索サイトGoogle。

トップページに大きくロゴがあるけど、それが時々ちょっと変わっているのに気がついたことがあるかと思います。

記念日や世界的な行事があるときに特別なロゴにしてお祝いしているとか。

詳しくはこちらを。今まで使われたものを見ることができます。

http://www.google.co.jp/intl/ja/holidaylogos.html

なんか楽しげな絵ばっかりでいいですよねー。

去年のクリスマスの頃も数日かけて絵が変わっていって雪だるまができてきたりしましたね。雪

恵方巻き

昨日は節分。

去年あたりからなぜか「恵方巻き」が売れているという。節分の日に恵方(縁起のいい方角)を向いてだまって太巻きを食べるといいことがあるとか。元々関西地方の風習。(あってるかな?)


去年この太巻き「恵方巻き」をコンビニで売ってみたところ結構売れたとか。で、ことしも大量に売り出された。1月の終わりごろにコンビニに『今年の恵方は東北東』とかポスターが貼ってあってなんのこっちゃと思いました。


まあ、コンビニなどがけしかけて売れる例は他にもあるけどなんでまた今の時代に太巻きがはやるかね。来年はもっと太巻きフィーバーが起こったりして。小僧寿しや回転寿司業界もだまっていないぞ。
全国区の年中行事としての地位を確立できるか否か注目ですな。


もう少しでバレンタインデー。こちらもそもそもお菓子業界がしかけたものだとか。1年の売上げのかなりの割合が2月に集中しているらしいですけどね。本を贈る日はなんだっけか。


そういえばここ1、2年、10月になるとハロウィンの飾り付けが随分めだつようになった。小学校なんかでも学校行事としてなんかやったりするらしい。
10月のカレンダーの柄が運動会の絵からカボチャの絵に変わる日も近いかもしれない。


えほう【恵方】
古くは正月の神の来臨する方角。のちに暦術が入って、その年の歳徳神のいる方角。
  〜広辞苑〜

アーケード

2e09b4fd.JPG
家の近くの武蔵小山商店街。かなり長いアーケード街が続く。できた当時は日本一の規模だったとか。

日曜日などに歩いてみると人の多さに驚く。すれ違うのが大変な程。似たような雰囲気の商店街は多くあるけどこれだけいつ行っても混んでいるところもあまり見ない。活気があるのはいいことだね。

ただ、自転車を押して歩く人も多く、結構じゃまになるのがいたいところ。乗ったまま走っているひともいたり。怒り 最悪は自転車を押したおばちゃん同士が道の真ん中で出会って「あらー、どーもー」なんてしばらく立ち話してたりして。悲しい周りに気がまわらないっちゅうか。

もうちょっと気をつかっていい街にしていきたいもんです。

1000円床屋

数年前に登場した1000円の床屋。
ちょっと切りたかったのでいってきました。はさみ

たまに利用しているけど、それまで床屋といえば安くても3000円くらいかかっていたところをカットのみとはいえ、1000円で済むのは画期的だった。OK顔剃りとかないのはちょっと寂しいけどね。

今日行った所は3つの席があり、髪を切る店員さんは4人。順番でお客さんについていきます。1人余るから店の隅の小さな控え室の中に入って待機しています。控え室から店内は見えない。どうも観察していると、散髪の最後に掃除機のようなもので頭に残った髪の毛を吸ってくれるのですが、その音が交替の合図になるようで、音が鳴り終わると同時に控え室にいる店員さんが現れます。なるほどねー。

店員さんが何人もいるとなんとなく「あの感じのいい店員さんにあたるといいなぁー」などと考えるもの。今日は一番感じのいい店員さんにあたってよかったよかった。笑顔

効率化

昨日、NHKでみた話。
六本木ヒルズ内にあるパスタ屋は注文してから2、3分で食べ物が運ばれてくるとのこと。

秘密はすぐに茹で上がる麺と調理済みの具材。

冷凍状態の麺を食べられる状態にするまでにかかる時間はなんと5秒!これは驚き。その後できあがった具とソースに混ぜ合わせればできあがり。時間もかからなければ誰にでもできる。徹底的に効率化をはかったうえにできたもの。

味の程はテレビではなんともいえないが、広くはないがこじゃれた店内の様子は女性が一人でも入りやすいような雰囲気。回転率のよさで売上げもいいとのこと。


番組の中では広さ5坪で営んでいるシュークリーム屋さんを紹介していた。渋谷で1日6000個の売上げがあるとか。無駄を省いて狭い店内で次々とシュークリームを焼き上げる。

地価の高い東京で確実に利益をあげているのは市場分析と業務効率化の賜物か。

放浪生活43年

 
43年間放浪の男性、「社会復帰」 25年ぶり住民登録 (01/30 12:34asahi.com)



すごいです。中学2年で家出してから43年間社会から離れた生活。できるもんなんですね。

「削った丸太を仕掛けた落とし穴でイノシシも捕った。家を出たときと同じ学生服で過ごし、ウサギの皮で簡易の靴も作った」
。。。。。生き抜くための知恵ですねー。

釣りで知り合った方が身元保証人になってくれたというのが心温まるお話。住民登録したのは「保険証やバイクの免許がほしいから」

青色ダイオード

青色LED訴訟、200億円支払い命令 東京地裁 (01/30 22:19asahi.com)


200億円ですよ、あなた。
元々会社からもらってた報奨金が2万円とか。それもどうかと思いますが200億とはね。

まあ、世紀の大発明ですからね。日本はこういうのがなかなか認められなかったですから。田中耕一さんも会社からの報奨金は1万円程度だったとか。中学生の100点とったご褒美でもこれくらいもらっちゃいます。

ま、でも完全に一人の力ってわけでもないでしょうし、会社なり他の協力者の貢献が見えなくなってしまうのもどうかと思います。今後の企業の研究活動に与える影響は間違いなく大きいでしょうね。

勝ち誇ったような笑顔の中村教授が印象的な会見でした。

牛丼と卵

今日の晩御飯は何にしようと考え、そろそろ食べられなくなるなぁ、ということで吉野家へ。

一旦食べ収めということで、最近は並ばかりだったが大盛ごはんを頼む。もちろん卵つき。

牛肉に卵。話題の2品ではある。ニワトリ
卵は鶏肉と違って大丈夫とか生は危ないとか、殻に触るとよくないとかいろんな話を聞いたがどんなもんなんだろうか。

”牛”肉は食べられなくなっても豚ブタ、羊などがあればまあなんとか我慢もできそうだが卵が食べられないとなると代替手段も無く、つらいもんだ。うずらの卵をひたすら割る日がくるわけでもあるまい。

ちょっとでも卵が入っていたら駄目、となるとかなり影響は大きいだろう。マヨネーズも駄目ならケーキなどもだめ。とんかつなど揚げ物なんかも使ってるしね。

胆石ができて入院などした時に、肉など脂分に加えて卵も食べるのを避けるようにと言われたときを思い出す。食生活の半分を遮られたような気分だった。
一時的に退院したときも食べるものがなく困ったものだ。蕎麦などはあっさりしていていいだろうと思うと、てんぷらも乗せられなければ月見にもできやしない。
入院中の食事は野菜の煮物などばかり。隣のおじいさんが食べてる冷めたカレーがやけに旨そうに見えたものだ。


この先、吉野家どうなるんでしょうか。わざわざカレー丼食べに吉野家行く気にならないしねぇ。
隣の席のお兄さんがカレー丼に七味を山盛りかけていたのが印象的な今日の吉野家でした。

子供ってこわい

いやー、子供ってこわいわー。

今日とあるコンビニに寄って立ち読みしていたら、親子連れがいて、アイス売り場の近くでちっちゃい女の子が 「この前ここにゴキブリがいたの」 って結構でかい声でしゃべってた。お母さんが「静かにしなさい!!」ってあわててたけどねー。


しばらく前にバス停でバス待ってたら「どうしてお母さんの顔はそんなにブツブツなの?」ってデカい声で聞いてる女の子もいたなぁ。「チョコレート食べすぎたから!」とか楽しそうにはしてたけどね。


いやー、子供ってこわい。
Archives
Categories